OS関連

クラウドコンピューティング

Web

一般

  • 今なぜ仮想化なのか? 2008.4.21
    • 第1に,サーバーやストレージの種類,台数が増え過ぎて,運用管理コストが膨れ上がっていること
    • 第2に,環境対策の一環として二酸化炭素の排出量(すなわちデータセンターの電力消費量)を削減する気運が高まっていること
  • 発展途上にある仮想化の可用性 2008.4.17
    • VMwareの上位版はクラスタリング・ソフト「VMware HA」を標準で備える。実マシンまたは仮想マシンの障害を検知し、待機系の実マシンに処理を自動的に引き継ぐ。要はハード障害への対策機能が標準装備されているようなものだ。
    • ただしVMware HAはシステムの停止時間を極力短くしたいミッション・クリティカル用にはまだ適さない。障害発生を検知してから仮想マシンを生成し、OSやアプリケーションを起動しなおすコールドスタンバイ方式だからだ。宇部興産の検証では「障害発生から業務再開まで約5分かかった」(宇部情報システムの山口主任)という。
  • 仮想化できないサーバー 2008.4.15
    • 一般には仮想化ソフトを使うと実マシンのCPUの使用率を向上できる。例えばCPU使用率20%のサーバー4台を1台に統合すれば、仮想化ソフトのオーバーヘッドを除いた単純計算では使用率が80%に高まり資源を有効活用できるはずだ。
    • ところが仮想マシンの設定を間違えると、これは“机上の空論”になる。
  • 仮想化サーバの性能は実サーバとほとんど変わらない 2007.2.20
  • 普及期に入る仮想化ソフト 2007.1.22
  • 導入進む仮想化技術 2006.7.5
  • Webテスト環境が簡単に作れた
    仮想化はヤバい。私の場合は開発用のテスト環境ですが、これが本番環境だったらどうよ。
    開発中に作った仮想マシンを本番マシンにコピーするだけでリリース完了です。
    問題が起きたらその瞬間の仮想マシンを開発環境にコピーしてきて、じっくり調査すればいい。
    OSから何から本番とまったく同じ環境で調査ができてしまいます。
    
    本番環境がだんだんスペック的に物足りなくなって、もっと高価なハードウェアに移行したくなったとします。
    さてどうしよう。なんと、仮想マシンを新しいハードウェアにコピーするだけです。一瞬で移行できる。
    このすごさ、伝わりますかねー。 

コンテナ型仮想化(Docker/Kubernetes)

  • Kubernetes The Hard Way
    • This tutorial walks you through setting up Kubernetes the hard way. This guide is not for people looking for a fully automated command to bring up a Kubernetes cluster.

Vagrant/VirtualBox

仮想環境の共有

VMWare

  • VMWare Fusion で FreeBSD-7.0 + KDE-3.5.8 2008.8.5
  • VMWare Serverのインストールから管理まで 2008.3.27
  • VMWareの3倍の性能で無償、「Oracle VM」は本物か 2008.3.13
  • VMWare、MSを非難 2007.3.1
    • VmwareがMicrosoftを批判しているのは、次のような点だ。
    • Microsoftは、ハイパーバイザーインターフェースの詳細な仕様をハードウェア関連のカンファレンスで公開しているが、他の仮想化ソフトウェア企業がそのインターフェースを使用することを認めていない。例外は、Microsoftと知的財産権に関する広範な提携を結んだNovellだけだ。
    • 「Microsoftのライセンスポリシーでは、ハードウェアに対してOSのライセンスを永続的に割り当てることを求めており、OSのライセンスを移動することを禁じている。たとえそれが、異なるマシン間でOSをシームレスに移動できる仮想化環境であってもだ」とVMwareは言う。
    • 特に、Microsoftが「Windows Server 2003 R2」のライセンスについて、90日に一度しか移動を許可していない点をVMwareは指摘している。

MS Virtual Server/PC

  • Virtual PC 2004はどのように動いているのか
    • ホストPCのNICをゲストOSはどうやって仮想化するか?>プロミスキャスモードにしてドライバレベルで仮想化している
    • Virtual PCの提供するNATで接続する方式も可能
  • バーチャル マシンの画面解像度を高解像度に設定できない
    • この問題を解決するために、以下の操作にて [追加機能] を再インストールし直します。
        1. [PC] メニューより、[追加機能のインストール/更新] をクリックします。
        2. 表示される指示に従い、バーチャル マシンの追加機能を削除します。
        3. バーチャル マシン再起動後、command キーを押しながら、[PC] メニューをクリックします。
        4. [追加機能のインストール/更新] をクリックします。
        5. Virtual Machine Additions のセットアップが開始され、InstallShield ウィザードが起動してきます。
        6. [次へ] ボタン 2 回押して、最後に [完了] ボタンをクリックします。
        7. バーチャル マシンの再起動を確認するメッセージが表示されますので、[はい] をクリックし再起動します。 
  • Virtual PCのゲストOSの解像度
    • Virtual PCのインストール先フォルダ("C:\Program Files\Microsoft Virtual PC\Virtual Machine Additions")に"VMAdditions.iso"という『機能拡張』用のISOイメージファイルがありますから、ゲストOS上で、[CD]⇒[ISOイメージのキャプチャ]でマウントしてください。
    • 自動実行がオンになっていれば、自動的にインストールプログラムが起動し、画面解像度は、1600x1200x32bitまで拡張されます。
    • (自動実行をオフにしている時には、"autorun.inf"をダブルクリック(または右クリック⇒[インストール])します。)
  • Virtual PC 2007 ダウンロード
    • 参考:インストール手順の載っているブログ
    • メインメニューの「CD」から「物理ドライブX:を選ぶ」などを指定する
    • 画面内に入るとマウスカーソルが抜け出せなくなるが、右Altボタンを押すと離脱できる。
    • ただし「操作」メニューから「バーチャルマシン追加機能のインストール/更新」を行えばマウス移動は気にしなくてもよくなる。また画面解像度も大きく設定可能になる。
  • 「nLite」で仮想環境用の再インストールCDを作成 2008.7.3
  • MS VirtualPC 2007を無償公開
  • Virtual Serverで仮想サーバ構築体験 2006.11.17
  • Virtual Hard Disk Image Format Spec
  • 無償化だけではない「Virtual Server 2005 R2」の利点 2006.9.22
    • OSとハードウエアの互換性に関する問題が全く生じない
    • 仮想マシンをセットアップすると,仮想マシンごとに独立したフォルダが作られ,仮想マシンのデータがすべてそこに格納される。このフォルダに入っているのは,仮想ハードディスク・ファイル1個と,XML形式の構成データだけである。仮想マシンを別の物理サーバーに移行するのに必要な作業は,ファイルのコピーだけだ。また仮想マシンの設定もXMLファイルを編集するだけなので容易
    • NT 4.0などの既存のサーバーを仮想マシンに移行させるのも容易
    • リモートから仮想マシンを制御するAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)も備え
    • Windows Serverの「Volume Shadow Copy Services(VSS)」に対応する
    • オフラインで(仮想マシンを稼働せずに)仮想ハードディスク・ファイルをマウントして,仮想ハードディスクの中のファイルを取り出せるようにもなる
    • 2008年後半にリリースされる「Windows Server “Longhorn”」(開発コード名)では,仮想化機能「Windows Server Virtualization」が標準で利用できる

Xen

その他


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-12-14 (月) 01:28:02 (40d)