職業としてのエンジニア

英会話・ビジネス英語・技術英語

IT業界の待遇/福利厚生

コミュニティ、勉強会、ライトニングトーク、社内テックblog

SNS関連

  • 社内勉強会コミュニティの立ち上げ - Qiita 2022.6
    • 開催方法としては、お昼13:00-14:00の時間で事前に部内で公募をかけLT2本、(15分LTして、15分参加メンバーで議論する)といった形
    • 開催頻度については本業務もあるので隔週のお昼13:00-14:00の時間で行うことにしました。
    • 気軽さを重要視、「相談したいことの発表もいい」や「何を話してもいい(非難はなし - 前向きに - 間違っててもいい)」を大事に
    • 定期開催する勉強会の悩みとして一番上がるのは参加者のスケールと登壇者を集めること
  • 社内で実施している「10分勉強会」のご紹介 2022.6
    • すぐに実務で使えるかは分からないけど、知っておいて損はないことを先に学ぶ機会を作る
    • 実務にて学んだことで、他のメンバーにも知ってほしいと思ったことを共有する機会を作る
    • 勉強会の時間を作ることで、各メンバーが効果的に知見を溜めたり、知識の棚卸しを可能にしたいというのが狙い
  • もくもく会ポータル
    • もくもく会とは喫茶店やカフェなどに集まって各自もくもくと勉強したり仕事したりする会です。家ではどうも仕事や勉強に集中できない、さぼってしまいがち…というフリーランスの人や学生の人におすすめです。気軽に参加(もしくは開催)してみてください。

スキルアップ一般

  • CS50 for Japanese: コンピュータサイエンスの入門 – 当ウェブサイトは、Creative Commons ライセンスに基づいて管理されています。 2022.9
    • ハーバード大学の CS50x は、コンピュータサイエンスとプログラミング技術を紹介するコースで、プログラミングの経験の有無にかかわらず、経験者と未経験者の両方を対象としています。David J. Malan が担当するエントリーレベルのコースである CS50x では、アルゴリズム的に考え、問題を効率的に解決する方法を学びます。テーマは、抽象化、アルゴリズム、データ構造、カプセル化、リソース管理、セキュリティ、ソフトウェアエンジニアリング、ウェブ開発など。言語は C、Python、SQL、JavaScript に加え、CSS と HTML を使用します。問題集は、生物学、暗号、金融、科学捜査、ゲームなどの実世界の領域からヒントを得ています。CS50x の学内版である CS50 は、ハーバード大学で最大のコースです。
  • 質問は恥ではないし役に立つ - Qiita 2022.4
    • Five orders of Ignoranceというペーパーで、無知のレベルには5つのレベルがあるとされています。
    • 0OI: 全部分かっている 「答え」を持っている。あとは書き写すだけで完成する。
    • 1OI: 分からないことが分かっている 答えを得るための「質問」を持っている。
    • 2OI: 分からないことが分からない 「質問」を持たない状態。決定的な答えを引き出すための「質問」ができない。
    • 3OI: 分からないことが分からない状況を何とかする術を知らない 2OI→1OI→0OIと進んでいくためのプロセスがない状態です。
    • 4OI: 無知にレベルがあることを知らない
  • 「こいつは成長しないな」と思う7の特徴
    • 1:調べずに聞いてばかりいる
    • 2:確認をせずに指示があるまで動かない
    • 3:時間配分が悪い
    • 4:差別意識が強い
    • 5:取捨選択しない
    • 6:当たり前のことしか認識できない
    • 7:些細なことにこだわる
  • 成長につながる五つの習慣 2011.3.18
    • 1.恥ずかしがらずに質問する
    • 2.借りた本をすぐに返す
    • 3.良いところはマネをする
    • 4.担当外の作業に目を向ける
    • 5.マネジャーのツッコミを押さえる
  • ある程度の年齢を迎えたプログラマが生き残るには 2010.9.23
    • ぶっちゃけ戦略は一番重要なことではなく、一番重要なのは、常に自分の価値を高めるために努力し続けることです。
    • 努力や挑戦をやめたら、自分の価値はどんどん陳腐化して下がっていくのは当たり前なのです。
    • これは、実はプログラマに限った話ではなくて、どんなことにでも言えることだと思います。常に自分の価値を高めるために挑戦し努力し続けることが重要だということです。
  • IT業界で楽しく仕事をするための10カ条 2009.3.11
    • 其の一、本や雑誌を買って読むべし
    • 其の二、分からないことは、なるべく自分で調査するべし
    • 其の三、お気に入りのWebサイトを見つけて読むべし
    • 其の四、社内外に向けて情報発信するべし
    • 其の五、勉強会やセミナーに出席するべし
    • 其の六、専門家であるべし、さらに多くの“基本”を網羅的に知っておくべし
    • 其の七、誰が何を知っているのか、人的ネットワークを広げるべし
    • 其の八、自分のコンピュータと気に入った新しい携帯電話を持つべし
    • 其の九、1つのプログラミング言語だけではなく複数の言語を使いこなすべし
    • 其の十、適切なメモを取るクセを付けるべし

資格

  • 情報処理技術者試験は終わった 2020.5
    • 無意味な手書き、無意味なハンコ、無意味な紙。これを、なんと簡易書留で送らなければいけない。
    • しかも登録証(紙)の原本を同封しなければならない。
    • 書類の不足があった場合は、電話・メールで連絡が来る・・。
    • 情報処理技術者試験も、学校などの教室に集めて、3密の状態で紙とえんぴつだけで試験するという、全然ITを活用していないレガシーな方法で運営していた
  • 示現塾
    • 情報処理試験の過去問、回答用紙、回答例
  • 独学で資格試験に合格するための効率的な勉強法
      1. 問題が解けるようになることを目標にする。「要点を見極める」
      2. 問題を理解しながらたくさん解くこと。「量をこなす」
      3. 問題がわからなければすぐ答えを見ること。「解けないのものは解けない」
      4. 問題を解いた後に参考書を見直す。「理解を深める」
      5. 大事なポイントは書き出して説明する。「要点は重点的に」
      6. 勉強する科目は順番にルーティングさせる。「ルーティング式時間割」

ITSS

競技プログラミング、プログラミング学習系サイト、その他ブラウザ上でコーディングできるサービス


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-09-26 (月) 12:29:52 (11d)