IPv6まとめ

IPv6アドレスの表現

  • 上位64ビットの内訳
    • 3bit=FP:format prefix ... 001に固定
    • 13bit=TLA:top-level aggregation ...当面 0000000000001 に固定
    • 13bit=sTLA:sub TLA
    • 6bit=RSV:reserved for future use 
    • 13bit=NLA:next-level aggregation
    • 16bit=SLA:site-level aggregation

アドレス表記

  • アドレス表記は16進で2byte毎に行う
    例)3ffe:0102:0000:0000:0000:0000:0000:0000/32
  • 省略表記ルール
    • 各16進数4桁の部分ごとに、先頭の0を省略できる
      例)「0102」→「102」
          「0000」→「0」
    • 16進数4桁が「0」の部分が続く場合、「::」と省略できる。ただし、「::」はアドレス全体で一度しか使えない
      省略表記例)
      3ffe:0102:0000:0000:0000:0000:0000:0000/32
         ↓ 頭の0を略す
      3ffe:102:0:0:0:0:0:0/32
         ↓ 0:0:0を略す
      3ffe:102::/32
  • 末尾に %n をつけてインターフェイスの番号を表す

IPv4互換アドレス

  • 上位96bitに0を設定する。
  • 下位32bitにIPv4アドレス
    • このとき下位32bitは10進表記可能+ピリオド区切り可能

インターフェイスIDをMACアドレスから生成するとき

  • 先頭から7bit目(0000-0010B)を設定
    • OUIのU/Lビット
    • 0の場合ユニバーサルアドレス、1の場合ローカルアドレス
  • MACアドレスの24bit目と25bit目の間に FFFE (1111 1111 1111 1110B)を挿入
  • たとえば以下のようなMACアドレスがあったら
    aa-bb-cc-dd-ee-ff
  • インターフェイスIDはこうなる(グローバルアドレスにした場合)
    a8bb:ccff:fedd:eeff

URL表記

http://localhost/ 
   と
http://[::1]/
  は等価

アドレスの種類

名称アドレス例IPv4で言うと備考
ループバックアドレス::1/128ループバックアドレス(127.0.0.1)自分自身
グローバルユニキャストアドレス2001:/8グローバルIPアドレス
ユニークローカル(ユニキャスト)アドレスfc00::/7プライベートIPアドレス組織内ローカル
リンクローカルユニキャストアドレスfe80::/10プライベートIPアドレスLAN内ローカル
リンクローカルマルチキャストアドレスff00::/8リンクローカルマルチキャストアドレス(224.0.0.1)
エニーキャストアドレスグローバルと同じエニーキャスト RP(Randezvous Point) RIM-SM一つの同じアドレスを複数のインターフェイスに割り当てる
  • キャスト?の3種類
    • ユニキャスト
    • マルチキャスト
    • エニーキャスト:複数のインターフェイスに同じアドレスを設定するとエニーキャストアドレスになる。アドレスの共有
  • ユニキャストの3種類
    • リンクローカルユニキャスト FE80::/10 または FF00::/8
    • グローバルユニキャスト
    • ユニークローカルユニキャスト FC00::/7

リンクローカル・アドレス

  • ルーターを越えた通信では使われない特定用途向けのアドレス。
  • 同じリンク上のコンピュータ同士が通信するためだけに使われる。
  • IPv6機器が自動的に生成する。
  • どんな状態でも,IPv6機器を起動すればインタフェースにリンクローカル・アドレスが割り当てられる。
  • グローバル・アドレスが割り当てられている場合もリンクローカル・アドレスを必ず併用して使うことになっている
  • 「プラグ&プレイ」動作のために必要。
  • ルーター同士がアドレス情報を交換する場合にもリンクローカル・アドレスが使われる

グローバルユニキャストアドレスの設定方法

  • IPv4で言うグローバルアドレスに当たる
  • プレフィックスの上位48bitはISPから割り当てる。残り16bitはネットワーク管理者が各LANに割り当てる
  • 設定方法には以下の3つの方式がある
    • ステートレス方式:プレフィックスをルータから取得する
    • ステートフル方式:DHCPv6による配布
    • 手動設定

ステートレス方式

  • ホストからルータ要請=RS(Router Solicitation)を送信する
    • ルータからグローバルプレフィックスを取得するために送信
    • リンクローカル・オールルータマルチキャストアドレス(リンク内のすべてのルータ)へ送信される
  • ルータからルータ広告=RA(Router Advertisement)を送信
    • プレフィックス
    • デフォルトGW
    • 有効期限
    • ルータの生存期間(Router Lifetime) これが0になるとISATAPホストはRSメッセージを送信する
    • リンクMTU(Maximum Transfer Unit) 最小1280byte
    • ホップリミット
  • グローバルアドレス生成
  • インターフェイスへ割り当て

添付ファイル: fileipv6address.gif 424件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-09-11 (日) 12:24:45 (3524d)