ネットワーク関連

イーサネット(Ethernet)

スイッチングハブ

IEEE802関連

関連Webサイト・記事

UTPケーブル

  • Unshielded Twisted Pair Cable
    • 8本の銅線を2本ずつより合わせて4対にしたもの。LANではカテゴリ3以上が使われる。
  • カテゴリ
    • カテゴリ1:電話線
    • カテゴリ2:1MHz
    • カテゴリ3:16MHz 10BASE-T 100BASE-T2/T4
    • カテゴリ4:20MHz
    • カテゴリ5:100MHz 100BASE-TX
    • カテゴリ5e: 100MHz 1000BASE-T
    • カテゴリ6:250MHz 1000BASE-TX

ポート形状

  • MDI:PCやルータについているポート
    • 送信+ →1番の信号線
    • 送信− →2番の信号線
    • 受信+ →3番の信号線
    • 受信− →6番の信号線
  • MDI-X:スイッチやハブについているポート
    • 受信+ →1番の信号線
    • 受信− →2番の信号線
    • 送信+ →3番の信号線
    • 送信− →6番の信号線
  • MDI←→MDI-X間はストレートケーブルでつながる
  • MDI←→MDI間はクロスケーブルでつながる
  • ポートがAutoMDI/MDI-X対応であれば相手によって自動的にMDI/MDI-Xを切り替えてくれる

伝送方式

  • 表記フォーマット
    [速度][伝送方式]-[伝送媒体]
    • 伝送方式はBASE=ベースバンド方式、BROAD=ブロードバンド方式
    • 例えば10BASE-Tであれば10MBPSでベースバンド方式、ツイストペアケーブル
  • 1000BASE-T 全4対中2対のより対線を上り、下りに各々割り当て、4対で1GBit/sの全二重

光ファイバ

  • 線は中心部とコア部と外側のクラッド部がある
  • マルチモード Multi Mode Fiber
    • コア直径が大きい
    • 信号の損失が大きいが曲げに強く、安価
  • シングルモード Single Mode Fiber
    • コア直径が小さい
    • 信号の損失が小さいが曲げに弱く、高価
    • 100Kmまでの長距離伝送が可能

ネットワークにつなげる機器

  • リピータ:OSIでいう物理層レベルでデータを中継する
  • ブリッジ:OSIでいうデータリンク層のプロトコル情報(Ethernetなど)に基づいて中継する。
    • スイッチ:ブリッジの一種。ハードウェアベースでブリッジの機能を持つ(→スイッチングハブ
  • ルータ:OSIでいうネットワーク層レベル(TCP/IPだとIP)でデータを中継する。
    • 通常は、「ルータ」を用いてワークグループ単位にネットワークを区切り、必要な通信以外は別のワークグループへと流さないようにする。ルータはOSI参照モデルにおける第3層のネットワーク層を処理する装置で、いわゆるIPルーティングの処理をつかさどる。ルータによって区切られるネットワークのことをセグメントと呼び、各セグメント内の端末が出すブロードキャストは、当該セグメント内の端末にしか影響を及ぼさない。
  • ゲートウェイ:OSI階層と関係なく異なるネットワーク簡を接続し、違いを吸収する

無線LAN/Wi-Fi

IEEE802関連

  • inSSIDer解説
    • inSSIDerとは、無線LANにおける最強のフリーソフトです。下図の通り、自分自身のPCの無線LANカードが受信できる電波から、近くに存在するアクセスポイントの各種情報(MACアドレス、メーカ名、SSID、使用チャネル、RSSI、セキュリティ、ネットワークタイプ、速度)などの情報を収集することができるのです

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-08-31 (火) 22:08:13 (46d)