OS関連

  • WindowsXP再アクティベーションのパターン
    • Aパターン.そもそもアクティベーションを要求されない場合。
    • Bパターン.アクティベーションを要求されるがインターネットを通じたアクティベートで問題なく終了する場合。
      • ちなみにアクティベートの要求では3つのパターンがある。
      • B-0パターン. 30日以内のアクティベーションを要求。
      • B-1パターン. 3日以内のアクティベーションを要求。
      • B-2パターン. ただちにアクティベートを行うことを要求。
    • Cパターン.アクティベーションを試みた際、インターネットでのアクティベーションは出来ず、「このプロダクトキーでWindowsのライセンス認証を行うことができる回数を超えました」と表示されて電話による認証が必要になる場合。しかしながら電話での認証においても2つに分かれる。
      • C-1パターン.電話における自動プログラムのやり取りで認証が終了する場合。
      • C-2パターン.電話でのやり取りを要求され、自動プログラムでも受け付けない。オペレータが出てくる場合。口頭でライセンスに違反した使い方をしていないことを確認申請。それにより新しいプロダクトキーの交付。
    • 4ヶ月以上ぶりに大規模に構成を替える場合には、アクティベートを要求されてもインターネットを通じての一瞬のアクティベートで済む
    • M/Bを交換する場合、旧M/Bでの構成にせよ、新M/Bの構成にせよ、最新のアクティベートをしたその構成をしっかりと覚えておけば、その後、パーツやM/Bを交換して、アクティベートを求められ、しかもCパターン(電話でのアクティベーション)へ突入しそうになっても、それが嫌な場合、一旦、先ほどの構成に戻せば、Bパターンによりすんなりとアクティベート出来る
  • 再インストール時のアクティベーションを省略
    • システムをインストールしたドライブの、\Windows\System32フォルダにある「wpa.dbl」というファイルをバックアップする。OSを再インストール後、同じ場所にある「wpa.dbl」ファイルを、バックアップしたファイルで上書き保存すればよい。
    • ただしハードウェアの構成が変わったら再度アクティベーションが必要
  • XP SP3の自動更新がまもなく開始 2008.7.8
    • 自動更新でSP3が適用されることを防ぎたい場合には、マイクロソフトのダウンロードセンターから「Windows Service Pack Blocker Kit」をダウンロードしてインストール
    • Windows XP SP3をインストールした場合、IE7がアンインストールできなくなる
  • XP SP3のレジストリ破損問題、原因はシマンテックではなくMS製EXE 2008.5.27
    • Cole氏によると、fixccs.exeファイルは多数の不要なレジストリ・キーを追加してしまう場合があるという。同氏は、 Symantec製品のセクションに不正エントリが作成されたと報告したユーザーが多かったことについて、「これは偶然だ。われわれの製品のレジストリにはかなりの数のキーがあり、われわれの製品は多くのシステムにインストールされている。この問題が発生するのは当社製品のセクションだけにかぎらない」と説明する。
  • Windows XP SP2でハイバネーションに失敗する [#qdaa8973]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-12-02 (日) 18:12:27 (3216d)