→クラウド一般

→[[Amazon Web Service]]

→[[Google関連]]

→Google App Engine関連

→ネットワーク関連

→[[Web技術関連]]

→[[仮想化技術]]


#contents

*Microsoft Azure [#q0f02de3]
-[[Msdn フォーラム - Azure>https://social.msdn.microsoft.com/Forums/ja-JP/home?forum=windowsazureja]]

-[[(個人的な)AWSとAzureを触ってみて感じる違い - Qiita>https://qiita.com/emiki/items/afe7442f6d0ae9b64918]] 2021.10

-[[料金計算ツール | Microsoft Azure>https://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/calculator/]] 2021.10

-[[Azureにおける「IDとアクセス管理」のベストプラクティス>https://ascii.jp/elem/000/004/071/4071543/]] 2021.10

-[[AWSエンジニアのためのAzure Fundamentals対策>https://qiita.com/yuki_ink/items/417a52b8f42fca258171]] 2021.9

-[[AWS サービスと Azure サービスの比較>https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/architecture/aws-professional/services]]


-[[Azureのドキュメント>https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/?product=featured]]

-[[Azure 開発者向けファースト ステップ ガイド>https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/guides/developer/azure-developer-guide]] 2019.11

-[[Azure の基礎 第 1 部:Azure の主要概念に関する説明>https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/paths/az-900-describe-cloud-concepts/]] 2021

-[[Azure Static Web Apps とは>https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/static-web-apps/overview]] 2021.4

-[[AWSとAzureの違いをそれぞれの長所、短所、適した利用シーン含めて非エンジニアに説明しなければなりません。どのように説明しますか?>https://jp.quora.com/AWS%E3%81%A8Azure%E3%81%AE%E9%81%95%E3%81%84%E3%82%92%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%81%9E%E3%82%8C%E3%81%AE%E9%95%B7%E6%89%80-%E7%9F%AD%E6%89%80-%E9%81%A9%E3%81%97%E3%81%9F%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%B3]] 2020.5

-[[Azure の基礎 第 1 部:Azure の主要概念に関する説明>https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/paths/az-900-describe-cloud-concepts/]] 

-[[業務システムでWindows Azureを使うための42の覚え書き>http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/chushin/azurecasestudy_01/azurecasestudy_01_01.html]] 2010.2.24

-[[クラウドの本命となるか? 進化するWindows Azure>http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/dnfuture/pdc09azure_01/pdc09azure_01_01.html]] 2009.12.11


*GCP [#d908f801]

-[[最初の難関、IAMについて 〜クラスメソッド Google Cloud Advent Calendar 2021〜 | DevelopersIO>https://dev.classmethod.jp/articles/google-cloud-advent-calendar-2021-01-about-iam/]] 2021.12
--AWSのIAMとは別物

-[[GCP、何から勉強したらいい?に対する提案>https://qiita.com/ikutaN/items/5dc1708b1ef2be72a5e4]] 2018.4


*クラウドベンダー一般 [#o1e7157b]
-[[IBM Cloud (旧Bluemix) のアカウントを持っている人は今すぐクレジットカードの請求を確認すべき>https://jaco.udcp.info/entry/2020/05/16/194826]] 2020.5
--IBM Cloudは、ユーザー本人に直接通知をすることなく、ブログでこそっと記載をするのみでいきなり有償化を行った

-[[【AWS, GCP, Azure, OracleCloud, Firebase】無料で使えるクラウドのサーバリソースまとめ【2020年1月版】>https://qiita.com/goyae/items/196221169391dd44125d]] 2020.1

-[[Alibaba Cloudサービス一覧、サービス概要、類似のAWSサービスをまとめてみた>https://qiita.com/jobbin/items/0cf12d402c5d1e7a5cbb]] 2018.12

-[[楽天カードのシステム障害とオラクルの誤算>http://www.orangeitems.com/entry/2018/03/07/001034]]  2018.3.7

-[[基幹システムをクラウドへあげるのは簡単ではなかった。ノーチラス・テクノロジーズがクラウドの現実を語る(前編)>http://www.publickey1.jp/blog/13/post_228.html]] 2013.6.3
--[[後編>http://www.publickey1.jp/blog/13/post_229.html]]

-[[さくらのクラウド・ストレージに関する報告書>http://cloud-news.sakura.ad.jp/wp-content/uploads/2012/06/storagehoukoku20120625a.pdf]] 2012.6.25

-[[Apple、Windows用「iCloud」コントロールパネルを公開>http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20111013_483416.html]] 2011.10.13
--[[iCloud コントロールパネル>http://support.apple.com/kb/DL1455?viewlocale=ja_JP]]
--[[iCloudの設定方法(Windows PC)>http://www.apple.com/jp/icloud/setup/pc.html]]

-http://cloud.nifty.com/  ←2017年9月でサービスの新規販売を終了

-[[Yahoo!JAPANがクラウド構想を発表>http://www.publickey.jp/blog/09/yahoo_japan.html]] 2009.12.10 ←2021年12月でサービス終了らしいです

-[[Google App EngineとAmazon EC2は世界に新しい革命をもたらすか>http://d.hatena.ne.jp/shi3z/20080409/1207696811]] 2008.4.9
--Amazonは、EC2だけでなく、S3やSimpleDBのような、Webサービスインフラビジネスを積極的に進めている会社で、海外のサーバソリューションでは、最初からAmazon EC2向けのライセンスを発行するところも増えてきた。
--Google App Engineは、プロフェッショナルユースで使うとなるとかなり勇気がいる。10GBを超えてしまったらどうするのか。そのケアが全くない
--AmazonはWeb-APIを利用してもらえばもらうほど自社が儲かるというビジネスモデルだから、Web-APIに対する制限はとても緩いが、GoogleはWeb-APIだけを利用されるとGoogleにとってのうまみが全くないので、Web-APIというのはあくまでも学生実験レベルの小規模で限定的なものとして公開せざるを得ないし、実際のところGoogleのWeb-APIだけを使って画期的な検索エンジンをつくるモチベーションというのはとてつもなく低い。
--EC2には動作が重いという根本的な問題がある。料金はリーズナブルだが
--Googleは開発言語がPythonのみというのも引っかかる部分



* クラウドネイティブ [#q86e152d]
-[[バルクヘッド パターン>https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/architecture/patterns/bulkhead]] 2021.10
--マイクロサービスにおけるデザインパターンの一つ
--リソースを分割し、1 つのサービスの呼び出しに使用されるリソースが別のサービスの呼び出しに使用されるリソースに影響しないようにできます。 たとえば、複数のサービスを呼び出すコンシューマーに、各々のサービス用の接続プールを割り当てることができます。 サービスが失敗し始めると、そのサービスに割り当てられている接続プールのみに影響し、コンシューマーは他のサービスを引き続き使用できます。

-[[「Cloud Native Trail Map」の10ステップを紐解く(ステップ1〜3)>https://thinkit.co.jp/article/18243]] 2021.4
--ステップ1:コンテナ化
--ステップ2:CI/CD
--ステップ3:オーケストレーションとアプリケーションの定義
-[[ステップ4〜5>https://thinkit.co.jp/article/18311]] 2021.5
--ステップ5:観測性と分析、
--ステップ6:サービスプロキシ、ディスカバリー、メッシュ
-[[ステップ6〜7>https://thinkit.co.jp/article/18353]] 2021.6
--ステップ6:ネットワーク、ポリシー、セキュリティ
--ステップ7:分散型データベース&ストレージ
-[[ステップ8〜10>https://thinkit.co.jp/article/18371]] 2021.6
--ステップ8:ストリーミングとメッセージング
--ステップ9:コンテナレジストリとランタイム


-[[IT業界で働く者の基礎知識となるクラウドネイティブ とは?>https://qiita.com/MahoTakara/items/7c6c89cbddfd4a8f7b44]] 2019.11

-[[クラウドネイティブとは?>https://pfs.nifcloud.com/navi/beginner/cloud_native.htm]] 2021.8

-[[今さら人に聞けない クラウドネイティブ とは?>https://qiita.com/MahoTakara/items/9df6e34f57697d47eacc]] 2019.11
--[[今さら人に聞けない クラウドネイティブ とは? 改(図付き)>https://qiita.com/MahoTakara/items/7c6c89cbddfd4a8f7b44]] 2019.11

-[[Fulfilling the Vision for Open Source, Cloud Native Java>https://jakarta.ee/documents/insights/cloud_native_java_ebook.pdf]] 2020.7

-[[CNCF Serverless Whitepaper v1.0>https://github.com/cncf/wg-serverless/tree/master/whitepaper#cncf-serverless-whitepaper-v10]] 
--[[【完訳】CNCF Serverless Whitepaper v1.0>http://www.atmarkit.co.jp/ait/series/9263/]]

-[[Istioの全貌>https://thinkit.co.jp/article/14640]] 2018.9



*Firebase [#t2cbfbcf]
-[[Firebaseで1時間で簡単なWebチャットアプリが作れるハンズオン>https://qiita.com/taketakekaho/items/52b7c196ddbd4cb3c968]] 2019.9
-[[【第1回】 Google の mBaaS 「 Firebase 」とは?>https://www.topgate.co.jp/firebase01-what-is-firebase]] 2018.10



*ASP/SaaS [#o6258b83]
-[[GitHub Codespaces が GA しました(概要、課金など色々まとめ)>https://qiita.com/uikou/items/1feb83865f9d638807ad]] 2021.8

-[[Salesforce mobile SDK正式版(GA) >http://jiwashin.blogspot.com/2011/12/salesforce-mobile-sdkga.html]] 2012.1.3
--http://wiki.developerforce.com/page/Mobile_SDK

-[[Salesforceで開発するということ>http://www.atmarkit.co.jp/fcoding/articles/sf/01/sf01a.html]] 2009.12.15

-[[中堅・中小企業ではコスト増も >http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090121/323172/]]
--基幹業務系でも非定型業務系でも利用者が499人以下の場合、トータルコストが50%以上上昇したという回答が10%を超えている。特に、基幹業務系ではコストが増えた回答者が減った回答者よりも多く、平均すると10.0%上昇している。非定型業務系では平均1.0%コスト削減と、ほとんどコストメリットは出ていない。
--一方、500人以上の利用者がいる場合、基幹業務では6.6%、非定型業務では15.8%と明らかにコスト効果が表れている。SaaS/ASPは中堅・中小企業に向くと言われているが、コスト面で見る限り、利用人数が多いほどメリットが大きくなる。

-[[無償グループウェア付き、MS渾身の「Office Live」を使ってみた>http://www.atmarkit.co.jp/news/200803/06/officelive.html]] 2008.3.6
-[[軌道に乗り始めたASP事業>http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20070419/268822/]] 2007.4.24

-[[SaaS普及の3つの条件>http://it.nikkei.co.jp/business/news/index.aspx?n=MMIT0z000010042007]] 2007.4.10
--可用性が大きく伸びた原因は3つある
--1.サーバー自体が安くなり、1つのサーバーに複数のシステムを同居させることのできる仮想化技術も飛躍的に進歩したこと
--2.ネットワークの高速化と低廉化
--3.業務アプリケーションの進化.複雑な処理を要するような業務も標準的なパッケージソフトで対応できるようになってきた。
-[[SaaSの台頭>http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/lecture/20070219/262353/?ST=lecture&P=1]] 2007.3.5
-[[SaaSの衝撃(2) セールスフォースの凄み>http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070131/260142/]] 2007.2.8
-[[SaaSが日本で普及するための条件>http://www.atmarkit.co.jp/im/cbp/special/saas/saas01.html]] 2007.1.18
-[[Salesforce.com,オンデマンド・プログラミング言語「Apex」を発表:http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/USNEWS/20061010/250203/]] 2006.10.10

-[[2011年までにビジネス・ソフトの25%はSaaSモデルに移行する:http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/USNEWS/20060929/249400/]] 2006.9.29

-[[SaaS & Enterprise2.0>http://itpro.nikkeibp.co.jp/saas/index.html]]

-[[ASPとは何か>http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/lecture/20070219/262351/?ST=lecture&P=1]] 2007.3.2


* レンタルサーバ/VPS [#te05d629]
→ファーストサーバ事故に関してはシステム運用にまとめた

-[[VPSとは?レンタルサーバーと何が違う?分かりやすく解説>https://www.kagoya.jp/howto/rentalserver/basic-02/]] 2020
--VPSでは1台の物理的なサーバーの中に、仮想的に複数のサーバーを構築します。共用サーバーと異なり、ホストOSの土台の上にユーザーごとにゲストOSが用意されており、基本的にこのゲストOS同士は干渉することはありません。そのため、共用サーバーのように、他のユーザーの利用の影響によって障害などが発生したり動作が重くなってしまったりということは基本的にはありません。
--専用サーバーは物理的なサーバーを1台まるごと利用できるサービスです。一方のVPSは、仮想的に専用サーバーを利用するといっても、物理サーバーを専有しているわけではありません。

-[[月315円から使えるインフラサービス Gehirn Web Services がステキで恋に落ちるレベル>http://d.hatena.ne.jp/shunsuk/20121114/1352892039]] 2012.11.14

-[[22歳のセキュリティーコンサルタントが立ち上げたのはたった315円で利用できるインフラサービス>http://jp.techcrunch.com/archives/jp20121112gehirn-web-services/]] 2012.11.12

-[[意外と知られていない無料VPS(centos,debian)を入手しよう!>http://hiroki.jp/2012/07/07/4625/]] 2012.7.7

-[[さくらのVPS サーバ構築メモ>http://komugi.net/archives/2012/04/18220450]]

-[[新さくらのVPSでWebサーバを構築するテンプレ >http://www.smart-hacks.com/2012/04/vpsweb.html]] 2012.4.6

-http://xrea.com/
--無料Webサーバ。無料のかわりに広告表示が必須

-[[実際にアマゾンが使っているのと同じ仮想サーバを無料で試せる「Right Scale」を使ってみた>http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080427_rightscale/]] 2008.4.28

-[[海外のレンタルサーバを契約する前にチェックすること>http://blog.myrss.jp/archives/2008/02/post_129.html]]

-http://lolipop.jp/
--[[わたしはコレで、ロリポップ!をやめました>http://www.landerblue.co.jp/blog/?p=3522]] 2012.6.21
--[[lolipopでMySQL:http://penguin.oops.jp/blog/mysql.htm]]
--[[lolipopでPukiWiki>http://www.musculus-project.com/index.php?%A5%ED%A5%EA%A5%DD%A5%C3%A5%D7%A4%C7PukiWiki]]
--[[Pukiwikiを設置してみた>http://blog.sugarstyle.net/?eid=196755]]

-[[ロリポップのPHP4からPHP5へ変更に伴うPukiWikiの設定変更>http://yakinikunotare.boo.jp/orebase/index.php?%A5%ED%A5%EA%A5%DD%A5%C3%A5%D7%A4%CEPHP4%A4%AB%A4%E9PHP5%A4%D8%CA%D1%B9%B9%A4%CB%C8%BC%A4%A6PukiWiki%A4%CE%C0%DF%C4%EA%CA%D1%B9%B9]]
--イロイロ調べてみるとロリポップのPHP4はApacheのモジュールとして動作していたらしく、PHP5はCGIとして動作するようだ。
--ここでPHPの挙動やパーミッション周りの設定に違いが出るようで、大体それでとらぶってるみたい。
--PukiWikiの認証機構はBasic認証とかDigest認証に頼っている。これはWebサーバとブラウザ実装の問題であって、PukiWiki自体は設定ファイルに基づいて操作してるだけだ。
--つまり認証自体がApacheの機能をチョイと借りているわけで、CGIのように単独で動くものバージョンではその機能が無い。つまりPukiWikiの認証機構はCGI版では動作しなくなる

-lolipopのメールサーバへのSMTPがOP25B(Outbound Port25 blocking)にひっかかってメール送信できない場合
--ポートを587に変えるべし
--http://lolipop.jp/manual/mail/op25b/

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS