Unix系OS

様々なプログラム言語

バッチファイル

コマンド

  • メモリの状態を知るには free とか、下記でもよい
    cat /proc/meminfo |grep MemTotal
  • 【yum入門】yumとは何か?Linuxにおけるyumとrpmの違い 2017
    • 「Yum(Yellowdog Updater Modified/ ヤム)」とは、LinuxのRedHat系ディストリビューション(CentOSやFedoraなど)で利用されるパッケージ管理ツールです。Debian系ディストリビューション(Ubuntuなど)で利用される「APT」に相当するもの
    • RedHat系ディストリビューションでは、ソフトウェアはrpm形式のパッケージ(.rpm)が使われている
    • ややこしいことにファイル形式.rpmと同じ名前のパッケージ管理ツール「RPM(RPM Package Manager)」も存在
    • つまり、「.rpm」ファイルをインストールするパッケージ管理ツールに、「Yum」と「RPM」という2つのツールがある
    • 基本的に、「Yum」は「RPM」の高機能版と考えて良い
    • 「YUM」は「RPM」にパッケージの自動更新機能と、依存性の解決機能を加えたパッケージ管理ツールと言えます。
    • 「Yum」ではパッケージの集合であるリポジトリーと連動しており、リポジトリから未インストールのパッケージを検索できます
  • lsof オープンしているファイル、ポートなどの一覧を得る
  • locate/updatedb ファイルの場所を検索/ファイル場所の情報のアップデート

Shell/ShellScript

  • シェルスクリプトの長所と短所のまとめ 2021.10
    • 長所
      • シェルとシェルスクリプトで同じ言語が使える
      • コマンドの実行に適した言語である
      • コマンドの互換性問題に対応できる
      • 既存のコマンドを簡単に並列実行できる
      • 省メモリである
    • 短所
      • シェル間の互換性が低い
      • シェルコマンド言語の言語仕様が貧弱すぎる
      • 環境毎のコマンドの互換性が低い
      • 処理速度が遅い(特に外部コマンドの起動)
      • 少数の計算ができない(遅い)
      • 複雑なデータ構造を扱えない
      • ライブラリやフレームワークが少ない
      • ファイルのランダムアクセスができない
      • ネットワークアクセスができない
      • デスクトップ・スマホアプリ、ゲームなどのグラフィカルなインターフェースの開発はできない
      • ウェブアプリケーションの開発に適していない
      • 大量のデータを扱う処理が遅く柔軟性がなく信頼性確保が難しい
      • クラウドサービスとの連携が難しい
      • リアルタイム処理に適していない
  • for文の使用方法
    • あるディレクトリ内のcsvファイルの行数をカウントする例
      for fn in *.csv; do wc -l $fn; done

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-11-24 (水) 22:11:31 (13d)