IT業の経営・戦略など

DX一般

  • DXは終わった - orangeitems’s diary 2022.1
    • ・システムが増えただけだった。
    • ・クラウドにシステムを持って行って終わった。
    • ・社内が混乱した。収拾したが色んな人が傷つき、DXは禁句となった。
  • DXコンサルが絶対に言わない後ろめたい真実|naoto|note 2021.6
    • DXってのは、デジタルがコモディティ化する「前」に完成した「ビジネスの型」を、デジタルを前提としてリデザインすること
    • 旧パラダイムのビジネスに新しいパラダイムを「足し算」するのではなく、ゼロベースで再構築した方が無駄なくスッキリできる。洗練されたプロセスができる。「足し算」でできないこともないが、最適化されていないものが生き残れるほどビジネスの世界というのは甘くない
    • どこの会社もDXにつまずくのは、デジタルをツールやソフトウェアの問題だと思っているからだ。問題の根本は「人」と「制度や仕組み (プロセス)」にある
    • 今は4〜5年で競争優位の前提が変わる。だからデジタル時代に生まれた、またはそれを生き抜いたIT屋の組織や制度は、変化を前提として最適化されている。
    • トラディショナルな企業でDXっぽいテーマを扱うと最終的には人の問題に行き着く。
    • ITでも、その使い手でも人でもなく、現実にいま会社組織を回しているその「仕組み」自体が問題なのだとしたら、それはだれが変えうるのだろうか。オーナーしかいない
  • 「単純作業のAI化は失敗しやすい」実践DX:単なるデジタル化で終わらせないために | Ledge.ai 2021.11
    • デジタルを活用した業務改善には/由だ鐔僂撚鵑靴討い覿般海離妊献織覯臭勘と経験と度胸で成り立っている業務の解消、の2ステップで考えると良い
    • AIの真価は、業務をデジタル化したうえで、ステップ2の専門家の勘や経験に依存している部分に導入することで生きてくる
    • 人の置き換えとしてAIを入れると、現場の人の多くが『業務を完全にAIで置き換えられるんだな』と期待をするわけですね。でも実際には、劣化した人間くらいの精度のものしか出力されなくて幻滅してしまう。文字の読み取りだと数パーセントは間違えますし、価格の推定も、プロの人間に比べたら何パーセントかの誤差は出てしまうものです。ステップ1の段階で100%置き換えられると思ってはいけません。これは画像認識だけでなく、音声認識や予測・推定、自然言語処理でも同じです。重要なのは、AIを入れて円滑に回るような業務オペレーションを組むことです
  • DXブームが「リエンジニアリング革命」の轍を踏む危惧 | IT Leaders 2018
    • リエンジニアリングはプロセスに注目するが、DXはより包括的に経営や事業のモデルを考える点だ。そこにはVUCA(Volatility:変動性、Uncertainty:不確実性、Complexity:複雑性、Ambiguity:曖昧性)時代という言葉が象徴するように、社会環境の違いがある。顧客はより多様性を求め、それに応えるプロセスはより複雑になっている。

新規事業開発

技術的負債

DX事例、動向

  • DX推進に関する企業の動向アンケート - p211203.pdf 2021.12
    • 本格的な DX への取り組みである「デジタル技術を活用して商品・サービスの変革」は 1 割にとどまる
       1 オンライン会議設備の導入 
       2 ペーパーレス化 
       3 アナログ・物理データのデジタルデータ化(紙ベースの情報のデータベース化等) 
       4 テレワークなどリモート設備の導入
       5 電子承認(電子印鑑) 
       6 SNSを活用した情報発信
       7 営業活動のデジタル化(オンライン商談や顧客管理・営業支援システムの導入等) 
       8 キャッシュレス化の推進
       9 社内研修のオンライン化・デジタル化
      10 インターネット広告(Web広告、アプリ広告等)
      11 ECサイトの開設
      12 既存製品・サービスの高付加価値化
      13 デジタル人材の育成
      14 新規製品・サービスの創出
      15 RPAを用いた定型業務の自動化
      16 デジタル人材の採用
      17 デジタル化対応のため業務の外注化
      18 AI活用(チャットボットによる自動化やビッグデータ分析等) 

政府系資料

  • DX白書2021 2021.10
    • 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)がDX推進指標の自己診断結果を収集し、2020 年10月時点での回答企業約500社における取組状況を分析した結果、実に全体の9割以上の企業がDXに まったく取組めていない、または散発的な実施に留まっている
  • 経済産業省 「DX 推進指標」とそのガイダンス 2019
    • 「DX 推進指標」における「DX」の定義>「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」
    • DX を進める基盤として、IT システムに求められる主要な要素は、以下の3つ 。
       データをリアルタイム等使いたい形で使えるか
       変化に迅速に対応できるデリバリースピードを実現できるか
       データを、部門を超えて全社最適で活用できるか

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-11-21 (月) 14:46:19 (5d)