クラウドコンピューティング

コンテナ型仮想化

→gRPCについては→HTTP関連

マイクロサービス

  • マイクロサービスの次に来るかもしれない言葉について - arclamp 2021.9
    • Microservicesとは巨大システムでアジャイルを機能させる構造のことであり、その構造を支えたのがDevOps /NoOp
    • たとえば、Microservicesに取り組むならAgileとDevOpsは前提であり、ここに組織が慣れていないなら、実現は不可能です。逆に言えばAgileとDevOpsを実現していけば、自然にMicroservicesになっていきます。だって、それが歴史なのですから。
  • バルクヘッド パターン 2021.10
    • マイクロサービスにおけるデザインパターンの一つ
    • リソースを分割し、1 つのサービスの呼び出しに使用されるリソースが別のサービスの呼び出しに使用されるリソースに影響しないようにできます。 たとえば、複数のサービスを呼び出すコンシューマーに、各々のサービス用の接続プールを割り当てることができます。 サービスが失敗し始めると、そのサービスに割り当てられている接続プールのみに影響し、コンシューマーは他のサービスを引き続き使用できます。

クラウドネイティブ

Kubernetes

  • Kubernetes The Hard Way
    • This tutorial walks you through setting up Kubernetes the hard way. This guide is not for people looking for a fully automated command to bring up a Kubernetes cluster.

Istio

  • Istio入門 - Speaker Deck 2022.6
    • サービスメッシュとは、各サービスの隣にプロキシを配置し、アプリ同士の通信をプロキシ経由とした状態
  • Istioの全貌 2018.9

Amazon ECS

  • AWS Fargateとは?Amazon ECSとの関係性やメリット・デメリットを解説 2020.3
    • コンテナ向けのサーバーレスコンピューティング
    • Amazon ECSとは「Amazon Elastic Container Service」のことで、Amazon EC2インスタンスを用いたDockerコンテナを管理するサービス
    • 双方は、連携してコンテナを起動する関係性にあります。簡単にいえば、Amazon ECSでコンテナを実行する方法としてAWS Fargateを利用するという選択肢がある

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-10-07 (金) 16:42:34 (50d)